貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝7:00~夜9:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【旅客・貨物】運行管理者の労働法違反に気をつけて

2021年03月14日11時24分

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

運行管理者は一般労働者

運行管理者も整備管理者も労働者です。
つまり、『労働法の保護を受ける』ということです。

ドライバーを保護する法令等としては、『自動車運転者の労働時間等の改善のための基準について』があります。
しかし、(ドライバーを兼務しない)運行管理者や整備管理者については、ごく一般的な労働法が適用となります。
 
☑労働時間は1日8時間まで
☑週40時間まで

 

運行管理者1名では無理・・・

貨物事業者の中には、一つの営業所を運行管理者1名でこなす強者がいます。
ちょっと無理があるような気がしますが、どうでしょう?

貨物の仕事は、長時間にわたります。
最初の車両が車庫を出発するのが早朝4時で、最後の車両が車庫に戻ってくるのが深夜23時。
こんなことはあたり前で、営業所の稼働時間は実に19時間にも及びます。
 
この営業所を運行管理者一人でこなそうと思うと、運行管理者の労働時間も最低19時間になってしまいます。

 

監査が厳しくなっています

運行管理者の労働時間について、巡回指導や監査でのチェックが大変厳しくなっています。

運行管理の資格者が確保できないのであれば、とりあえず補助者だけでも専任しておきましょう。
 
★運行管理補助者の要件
①基礎講習を受講していること
※貨物なら貨物、旅客なら旅客の基礎講習が必要です。
 
②運行管理者資格証を持っていること
※貨物の資格でも、旅客の補助者になることはできます。

 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。