お問い合わせ 0120-359-555

【旅客】【貨物】令和5年2月の乗務員教育セット発送しました

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

乗務員教育について

1時間目は車両故障への対応を勉強します

車は機械である以上、必ず故障の危険があります。
 
私たちが留意すべき問題は、
①故障を未然に防げるように、日々の点検を欠かさない。
②故障してしまったときの対策を考えておく。

今回は故障してしまったときの対策
今回は、ブレーキ故障、ハンドル故障、パンク、車両火災が発生してしまったときの対策を考えました。
 
ブレーキ故障やハンドル故障など、メカニカルなトラブルは発生頻度も少ないと思いますが、パンクや車両火災は、いつ発生してもおかしくありません。
いざ、起きてしまったときの心構えをしておきましょう。

2時間目はASVの最新情報

ASVとは先進安全自動車のことです。
ドライバーの皆さんのご自宅にも、ひょっとするともう備わっているかもしれません。

ASV推進 3つの基本方針
毎年やっているASVの最新情報ですが、今回はASV推進3つの基本方針というのを勉強します。
国が行う施策には、どんなものでも基本的な方針(理念と言っていいかもしれません)というのがあります。
 
①ドライバー支援の原則
運転の主役はあくまでも人間(ドライバー)である、という考え方です。
ASVの技術は、あくまでも人間を支援するためのものという考え方です。
 
②ドライバー受容性の確保
ASVが特別な操作を必要とするものではいけません。
人間(ドライバー)が普段どおりの運転方法で利用できるものでなければならないのです。
 
③社会受容性の確保
ASV技術は、他の交通からも受け入れられ、共存できるものでなければなりません。

緊急時における対応方法

今回は急病人への初期対応からAEDの使い方までを勉強します。

とりあえず胸骨圧迫を続けることが大事
胸骨圧迫というのは、心臓マッサージのことです。
 
昔は、『心臓マッサージと人工呼吸を交互にやるのが正解』とされてきましたが、現在は、救急車が到着するまで、とりあえず胸骨圧迫(心臓マッサージ)を続けることが大事だ、となっています。
 
AEDの使用方法については難しく考えることはありません。
機械に大きく書かれた注意書きを読みながら、機械の指示に従えば大丈夫です。
焦らず(無理だけど)に冷静に対応しましょう。
【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

当社の記事・お知らせについて

  • 情報を掲載するにあたり、事実と相違がないよう取材・調査に万全を尽くしておりますが、執筆者の私見を含む記述もありますので、絶対の正確性をお約束しているわけではありません。
  • 法改正・制度改正がリアルタイムで記事に反映されているわけではありません。
  • 記事・お知らせの内容について、疑義がある場合は、当社までご連絡ください。 必要な場合は対応いたします。
  • 記事・お知らせの取り扱いについては、全て閲覧・利用される方の責任でお願いします。
  • 万が一、記事・お知らせの利用によって、何らかの損害を受ける方がいらっしゃっても、当社では一切の責任を負いかねますので、予めご了解ください。
  • 当社では、サポート先様以外からの、業務に関する質問、記事の内容に関する質問は一切お受けしておりません。ご了承ください。
乗務員教育について乗務員教育について乗務員教育について一般貨物その他特定旅客自動車運送事業乗務員教育について都市型ハイヤー
行政書士法人ココカラザウルス