貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝7:00~夜9:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【旅客】【貨物】役員法令試験の勉強方法

2021年09月05日15時19分

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

貸切更新の2回目がやってきます

一般貸切の許可が更新制になったのが、平成29年(2016年)4月からです。
初回の更新に対応した事業者さんは、本当に大変だったと思います。

貸切の更新申請には、常勤の役員が法令試験を受ける必要があります。
加えて、この役員は誰でも良いわけではなく、代表取締役に限るとされています。

 

運送事業を始めるときにも法令試験があります

一般貸切のように、更新制度がとられていない一般貨物、一般乗用、一般乗合なども、新規許可申請時や、譲渡譲受などの場合に法令試験の受験義務が課されます。
 
つまり、事業用自動車を使った事業を始める場合には、必ず法令試験の関門を通過する必要があるわけです。
 

法令試験の勉強のしかた

さて、ここからが今回の本題です。
株式会社付加価値ファクトリーでは、一般貸切の法令試験に対応した参考書を作成、販売しているのですが、これが毎月一定量売れています。

Click!⇒10日で合格!貸切バス法令試験完全制覇テキスト
 
先日、テキストをご購入いただいた事業者様から、以下のようなご質問を受けました。
 
『このテキストで勉強したら、本当に10日で合格できるようになりますか?』

 

10日で合格できるようになるかどうかはご本人次第・・・

運送業の経験が全くない方でも、1日3時間から4時間の時間を集中してもらえれば、一応10日間で合格レベルまではいけるように工夫しました。
しかし、試験に合格できるかどうかは、ご本人の能力と努力という、他人には計り知れない要素が90%ですから・・・
 
そこで、テキストの作者として今回は、(法令)試験に合格するための、コツのようなものを少しお教えしたい、と思います。
 

1.基本は過去問にあります

試験にチャレンジするなら、まずその試験の過去問題を用意しましょう。
私は頭脳労働に関して非常に不器用ですので、逆に間違いのない成功法を身につけています。

過去問を繰り返し解く勉強法は、もっとも効率的な勉強方法です。
逆に、どんなに勉強をしても、過去問への荷重が低ければ、合格はおぼつきません。
なぜか・・・
 
私が今年受験した数学検定2級を例にとってみましょう
 
数検2級は、高校2年生までの数学が試験範囲です。
特に数学ⅡBが大切になりますが、ここには、
①方程式と不等式
②図形と方程式
③ベクトル
④数列
⑤三角関数
⑥指数関数と対数関数
⑦微分積分

と多くの課題があります。
 
大学受験という意味で考えると、微分と積分が特に大切で、実際参考書などでも多くのページが割かれているのですが、実は数検の2級ではあまり重要ではありません。
毎回登場はします。
しかし、パターンが明確に決まっていて、ほとんど勉強する必要がないくらいです。
 
逆に、数列については、なんだか毎回いろいろ不要な工夫をした問題が出題されて、なかなか厳しい内容になっています。
つまり数学検定における出題傾向は、大学受験におけるそれとは、少し違うものなのです。

 
数検2級に合格するために、数学ⅡBの参考書の1ページから勉強を始めると、(2級に合格するために限れば)もの凄くムダな勉強をすることになります。
 
ちんぷんかんぷんでもいいから、過去問を10回分くらいやっておけば、どこに力を注げばいいか、それがよくわかるはずです。
 

2.過去問を最低5回分やったら、参考書を読む

過去問を5回分くらいこなすと、なんとなくですが出題の傾向(雰囲気)のようなものが実感できるようになります。
そうしたら、最初にトライした過去問の1問目から、参考書でその分野が説明してある部分を読んでみます。
ここで、『なるほど』と思えれば、まず40問のうち1問はクリアできたことになります。

過去問を5回くらいやったら・・・と書きましたが、私の勉強法はちょっと違います。
過去問は10回くらいやって、全部100点が取れるまで参考書は読みません。
 
人にはそれぞれ、いろいろな特徴があって、私は脳の構造があまり器用にはできていないので、このような場合10回くらいやらないと脳内で論理がつながりません。
逆に、参考書を読まなくても、脳内で論理がつながれば、そこからは人よりも理解が早くなります。
 
このあたりは個人差のあることなので、一般的には、過去問を5回分やったら参考書を確認でいいと思います。

 

3.過去問1回分が終わったら満点が2回取れるまでやめない

参考書を利用して、過去問1回分の勉強が終わったら、すぐに今勉強したばかりの過去問にチャレンジします。
たぶん、満点を取れると思いますが、1回満点が取れて安心してはいけません。
なぜなら、〇×の場合はまぐれ当たりの可能性があるからです。
 
できれば3回、最低でも2回連続して満点が取れるまで頑張りましょう。

実はこの作業がとても大事です。
この作業によって、短期記憶として刻まれた知識が、長期記憶に置き換わっていきます。
 
この作業をしっかりやっておくと、しばらく忘れてしまう心配がいりません。

 

4.同じことを10回分やる

上記の1~3の流れを繰り返して、過去問10回分を頭に刻み込みます。
これだけやっておけば、ほぼ合格は間違いありません。

ちょっとだけ注意点があります。
というのも、時折出題傾向の変わる月があるからです。
 
しかし、毛色の違う問題が出ても、せいぜい1問ないしは2問ですので、あまり怖れることはありません。
なるべく多くの過去問に触れておくことで、この問題も解決できます。

 

直前一週間が大切

どんな試験でも、受験までの一週間が最も大切です。

毎日1回分でいいので、過去問に触れておきましょう。
ここに来るまでに、10回分の過去問を勉強してきた方なら、5分で終わるはずです。
残り一週間、なにもしなかった人との違いは歴然となりますから、最後まで気を抜かないようにしましょう。
 
私は、中小企業診断士試験のとき、一次試験本番一ヶ月前の模擬試験で合格ラインに大きく届かず、残り一ヶ月毎日7科目全部の過去問をぐるぐるひたすら回して合格しました。
行政書士のときも、残り一ヶ月で全分野を毎日回した記憶があります。

 

当社のテキストを利用するなら、この方法もあります

当社のテキストは、法令を出題傾向別に並べてまとめてあります。
このテキストを利用して勉強されるのであれば、別の方法もあります。
 
この方法は、まったく運送業の経験がない、ずぶの素人が10日間で合格レベルに達する方法です。

Step1 関東運輸局のホームページから過去問をダウンロードします。
すべて印刷して年度ごとにファイルにまとめます。
Step2 テキストの最初の条文を読みます
Step3 読んだ条文が出ている過去問をさがします。

※テキストの最後のページに出題された年度の表があります。
Step4 先ほどダウンロードした過去問を確認して、その法令の出題傾向を頭に入れます。
これを繰り返します。

 
関東運輸局の問題はとてもよくできているので、別の地方運輸局の受験生にとっても参考になるはずです。

 

資料持ち込み可能だが、持ち込む人はまず合格しない

たとえば、道路交通法や運輸規則を持ち込んでも、内容が理解できていなければ意味がありません。
逆に、理解できている人なら、資料を持ち込む必要もないはずです。
堂々と手ぶらで受験して、サクッと合格してください。
 
受験勉強に王道はありませんが、平坦な道や舗装された道を選ぶことはできます。
参考書の1ページ目から勉強を始めたりするのは、好んでガケを登ったり、川を渡るようなものです。
できるだけムダなことはせず、楽な道を歩いて合格してください。
 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。