お問い合わせ 0120-359-555

【旅客】【貨物】終業時点呼にも力を入れよう

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

実務全般について

点呼は決まった形がいい??

点呼には、ある程度決まった形というものがあります。

いわゆる検査というのは、毎回決まったことをするより、少し形を変えた方が正解を得やすかったすることがあります。
点呼も一種の検査ですから、この例にあたりそうなものですが、実は点呼は毎回決まった形で進める方が良いようです。

変化をとらえる眼が大事
始業時点呼の主な目的は、これから始まる運行に必要な情報の確認とドライバーの体調確認です。

▶毎回変わる確認事項
1.当日の乗務に関する確認
2.車両の状況
3.携行品、指示事項の確認等

▶毎回変わらない確認事項
1.ドライバーの体調
2.アルコール・薬物等の摂取状況

この中で、特に大切なドライバーの体調管理については、決まった点呼者の、ドライバーの変化をとらえる眼の働きが大切になってきます。

点呼者がコロコロ変わるよりも、毎日同じ点呼者がいつもと同じ手順で点呼を行い、その流れの中で、点呼を受けるドライバーの小さな変化を見逃さないことが、大きな事故の防止につながる可能性があります。

終業時点呼はとても大切(だったんだ・・・)

皆さん、始業時点呼と終業時点呼、どちらが大切だと思いますか?
普通は、始業時点呼だと思いますよね。
  
この点については、私も勘違いをしていました。
すでに無事に帰ってきているのだから、終業時点呼なんてそんなに大切なものじゃないだろう・・・・と思っていたんです。

だから、当社のサポート先には、『始業も終業もちゃんと点呼して欲しいけど、どうしても人員の関係でどちらかしかできない日があるなら、最低始業点呼だけはやってください。』なんてお願いをしていました。

始業点呼じゃ間に合わないだよ・・・
この間違いを教えてくれたのは、当社のサポート先の経営者さんです。
 
社長『先生、私はね、終業点呼は必ず私がやるようにしてるんですよ。』
私 『それは、人手不足だからですか?』
社長『違うんだ。』
  『終業点呼のときに、体調の悪そうなやつがいたら、まだ何とかなるでしょ?』
私 『???』
社長『だから、終業点呼のときに体調悪いやつがいたら、他のドライバーに頼んだり、』
  『代車を用意したり、いろいろ手が打てるでしょう。』
  『でも、始業点呼のときじゃ、もう何もできないからね。

点呼の意味を実務から考えてみましょう

正に、目からうろこでした。
そりゃそうだ、って感じです。

国交省さんも、終業点呼はちょっと軽く見ている感があります。
ロボット点呼を認めるようになりましたからね。

でも、実務を考えると、実は終業点呼って、とても大切な時間だったんです。

当社の記事・お知らせについて

  • 情報を掲載するにあたり、事実と相違がないよう取材・調査に万全を尽くしておりますが、執筆者の私見を含む記述もありますので、絶対の正確性をお約束しているわけではありません。
  • 法改正・制度改正がリアルタイムで記事に反映されているわけではありません。
  • 記事・お知らせの内容について、疑義がある場合は、当社までご連絡ください。 必要な場合は対応いたします。
  • 記事・お知らせの取り扱いについては、全て閲覧・利用される方の責任でお願いします。
  • 万が一、記事・お知らせの利用によって、何らかの損害を受ける方がいらっしゃっても、当社では一切の責任を負いかねますので、予めご了解ください。
  • 当社では、サポート先様以外からの、業務に関する質問、記事の内容に関する質問は一切お受けしておりません。ご了承ください。
実務全般について実務全般について実務全般について実務について実務全般について一般乗合旅客実務全般一般貨物その他特定旅客自動車運送事業福祉タクシー都市型ハイヤー
行政書士法人ココカラザウルス