貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝9:00~夜7:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【旅客】【貨物】3ヶ月点検は自社でやれますか?

2023年05月24日14時27分

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

この質問は、いろいろなところから定期的に寄せられる、まあ、質問ランキングとしては上位にあるものです。
 
ポイントは2つなので、電話でのご質問では簡単にお答えしますが、一度記事にもまとめておいた方がよい、と思いました。

整備管理者は整備する人ではない

『うちの整備管理者は、整備の資格持ってないから、3ヶ月点検できないよね』
 
この質問もすごく多く寄せられます。
答えは、どちらでもないです。

整備を管理する人だから・・・

★整備管理者の仕事
 
①日常点検の実施方法を定めること
②日常点検の結果に基づき、運行の可否を決定すること
定期点検を実施すること
④日常点検、定期点検など、適宜必要な点検をすること
⑤日常点検、定期点検によって必要な整備をすること
⑥点検整備の実施計画を定めること
⑦記録簿を管理すること
⑧車庫を管理すること
⑨職務遂行のために運転者、整備員その他の者を指導し、又は監督すること

③番がそれっぽい感じの表記ですが、何も自分でやる必要もありません。

結論(1)

✅3ヶ月点検は、整備管理者の仕事ではない。
 
✅3ヶ月点検は、整備の資格がなくてもできる。
※資格が必要なのは、整備を業としてやる場合です。

自分の会社で3ヶ月点検できる?

こちらが本題です。
結論としては、可能だけど条件があるです。

問題はドラムブレーキ

3ヶ月点検の項目は自分でお調べいただくとして、自社での3ヶ月点検の壁となるのが、ドラムブレーキです。
 
ドラムとライニングのすき間
3ヶ月点検の必須項目です。
自動調整式の場合は、ブレーキを踏んだ後にブレーキの引きずりがないかどうかを調べるだけですが、手動調整式の場合は分解整備が必要になることがあります。
 
ライニングの残量
ライニングの残量を分解しないで点検できる車種はいいのですが、それ以外の場合は分解整備が必要です。
 
※この点検項目は、距離基準がついています。
※前回の3ヶ月点検から2,000㎞以上走行していない場合は省略できますが、2回連続して省略することはできません。

ドラムブレーキのライニングの残量が大きなハードルになります。
ただ、3カ月点検の必須項目ではない(距離基準がある)ので、走行距離が基準以下なのであれば、年に3回ある3カ月点検の中で1回だけやれば済む可能性もあります。

事故が起きてからでは遅い

私個人の意見ですが、点検はプロにお願いするべきだと思っています。

結論(2)

貨物であっても旅客であっても、事業用自動車(営業ナンバー)は物流、人流を支える大切な仕事です。
大事な車両を長く使うためにも、整備はプロにお願いするようにしてください。
 
行政書士さんのホームページなどで、『3ヶ月点検をちゃんとやらないと行政処分が来ますよ』的なアドバイスが多くみられますが、そこじゃないでしょう。(笑)
 
車両の整備が甘くて事故がおきたら、3ヶ月点検の費用や行政処分の問題ではありません。
 
そこをケチらなくてはやっていけないのであれば、冷たい言い方ですが、そもそもの経営に問題があると考えなくてはいけません。
【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

当社の記事・お知らせについて
  • 情報を掲載するにあたり、事実と相違がないよう取材・調査に万全を尽くしておりますが、執筆者の私見を含む記述もありますので、絶対の正確性をお約束しているわけではありません。
  • 法改正・制度改正がリアルタイムで記事に反映されているわけではありません。
  • 記事・お知らせの内容について、疑義がある場合は、当社までご連絡ください。
    必要な場合は対応いたします。
  • 記事・お知らせの取り扱いについては、全て閲覧・利用される方の責任でお願いします。
  • 万が一、記事・お知らせの利用によって、何らかの損害を受ける方がいらっしゃっても、当社では一切の責任を負いかねますので、予めご了解ください。
  • 当社では、サポート先様以外からの、業務に関する質問、記事の内容に関する質問は一切お受けしておりません。ご了承ください。
検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。