お問い合わせ 0120-359-555

一般貸切旅客

一般貸切旅客

貸切バスの運行管理規程の変更点について(令和6年4月)

4月の法改正に合わせて 貸切バスについては、4月に大きな法令等の改正がありました。 運行管理規程も、法令等の改正に合わせて修正しなければならないのですが、仕事の忙しさにかまけて後回しになってしまいました。 巡回指導では運行管理規程の付則が配...
事業承継

バス・トラック・タクシー会社の事業承継とは

事業承継というのは、簡単に言うと、会社の経営権を移転させることです。 子供が社長である親の後を継ぐのがその典型例ですが、最近よく耳にするM&Aも事業承継の手段の一つです。 経営は引き継いでいくもの 人間には寿命はありますが、会社(法人)には...
一般貸切旅客

旅客自動車運送における公示の方法(指定)が変更になりました(運輸規則の改正)

旅客自動車運送事業運輸規則の内容が変更になりました。 これまでは、公示と言えば、営業所において公衆に見えやすい場所というのが決まりでしたが・・・ 公示とは(一般の方々に)広く知らせること 旅客自動車運送事業者には、いろいろと公示しなければな...
一般貸切旅客

継続車検が満期の2ヵ月前から受けられるようになります(令和7年4月~)

継続検査の受検可能期間が拡大されます 車検の継続検査は、現在、有効期限の1ヶ月前から受けることができます。 しかし、車検は国の年度末である3月に有効期限を迎えるケースが多く、円滑な車検のための対策が求められていました。 保険も同様の期間に延...
一般貸切旅客

自家用バスでの無料送迎について深掘りしました

令和6年3月1日に国土交通省より、道路運送法における許可又は登録を要しない運送に関するガイドラインについてという文書が出されました。 その後、複数のバス会社さんや、旅行関係者の方から問い合わせがありましたので、この文書の内容についてご説明し...
一般貸切旅客

バスとトラック、タクシーでは営業所に配置する車両数が違う?

貨物は基本的に5台以上から 貨物自動車運送事業の場合は、とても単純です。 1つの営業所に5台以上が基本となっています。 タクシー(ハイヤー)の場合は、ちょっと特殊 タクシーやハイヤー(以後、ハイタク)は、行政による需給調整が入ります。 つま...
事業承継

バス会社・トラック会社の事業承継サービスを始めます

多くの会社が事業承継のタイミングに入っている バス会社やトラック会社専門のアドバイザーとして、多くの事業者さんと関わらせていただいております。 そんな中で、コロナ後に急激に相談が増えてきたのが、会社の事業承継です。 事業承継にはいくつかの方...
一般貸切旅客

二種免許の教習(時間)制限が緩和されます

1日の教習時間には限度がある 現在、(公認の)自動車教習所に通った場合、実技については1日3時間が限界でした。 少し、卒業までの時間が短縮されそうですね。
一般貸切旅客

EDRの設置が義務付けられるようになります

EDRとは? EDRというのは、イベントデータレコーダーの略です。 航空機に取り付けられているフライトレコーダーと同じ役目をするもので、事故発生時に車両の制御に関する情報を記録してくれる装置のことです。 記録されるデータには、加速の状態、エ...
一般貸切旅客

貸切バス事業者安全性評価認定制度の制度変更について

貸切バスの安全性評価認定制度の大変更 2025年度の審査から、制度が大きく変わります。 評価の細かい内容までは公表されていませんが、わかっている部分について解説いたします。 評価が3段階から5段階に この制度は、貸切バス事業者の(経営、運行...