行政書士オフィス ココカラザウルス、早い許認可、さいたま市、産業廃棄物、一般貨物自動車運送事業、一般貸切旅客自動車運送事業、会社設立無料、建設業、農地転用、倉庫業
ご相談フォーム

中小企業診断士は独立に向かない?

2017年9月25日05時50分


中小企業診断士・行政書士の高原です。
このウェブサイトは主として、行政書士としての仕事をご紹介するために作成しています。

行政書士はわりと世間に知られた資格です。
独占業務の範囲が広く、それゆえに他士業との境界線を楽々と超えるフドトキ者が減らないのが行政書士。
それに比べ、中小企業診断士はちょっとマイナーな資格です。
今回は中小企業診断士という、なんだか不思議ちゃんな資格についてのオハナシです。

試験はむずかしい・・・

まず7科目もある。
しかも、1科目60分~90分とちゃんと各科目とも立派な一品料理として用意されています。
行政書士のように、憲法、民法、会社法、行政法などが180分のなかで一緒くたになった、飲茶的な献立ではありません。

更に、試験制度も大変切れが悪い。
くそ暑い8月に2日間をかけた一次試験が行われ、今度は10月に丸一日缶詰で筆記試験を受けます。
これでもまだ終わりません。
今度は12月に口述試験と言う名の圧迫面接をクリアしなくては合格証がいただけません。
満腹感満載なうえに消化が悪いと言う、すごい試験制度なのです。

【関連記事】
中小企業診断士、最後は口述試験

世を忍ぶ難関資格

先に、中小企業診断士は不思議ちゃんな資格と書きました。
では、どの辺が不思議ちゃんかと言うと・・・

①大企業の経営者の方は皆ご存じなのに、中小企業の社長さんには知られていない。
②士(さむらい)業なのにほとんご独占業務がない。
③せっかく勉強して取得したのに、独立する気のない(必要のない)人が多い。

まず、本来知られているべき中小企業の経営者に知られていないことは、かなり悲しい自己矛盾です。
もっとも、資格者本人が、自分のやるべきことがわからない状態の資格なのですから、何をかいわんやです。
独占業務がほとんどないことも含め、かなり活用がむずかしい資格であることに間違いありません。

自己研鑽?

会社に残ったまま独立する必要のない人が自己研鑽と言う名の一般人にはほぼ理解不能な理由で取得することが多いのもこの資格の特徴です。

「必要に迫られなければ楽しいこと以外何もしたくない」フツーの人々にとっては変わり者以外の何者でもない人たちです。
しかし、中小企業診断士は他の資格に比べてこのようなタイプの合格者の占める割合が高く、彼らのような意識高い系の皆さんの存在がよきにつけ悪しきにつけ、中小企業診断士という資格をより一層、世間から理解しにくいものにしているのかもしれません。

活用はかなりむずかしい・・・

中小企業診断士と言えば、コンサルタント業で唯一の公的資格です。
診断士というくらいですからその役目は、会社さんの予防医的性格が一番馴染みやすく、そこをゴールに据えれば、やりがいのある仕事であることは間違いありません。

【関連記事】
認定支援機関の実践研修が終了しました。

需要はあります。
しかし、私も含め診断士の多くはその需要のしっぽをうまく掴み切れていません。
特にこの資格単体では営業がむずかしい。

私の場合はもともとコンサルタント的仕事もしていたので、最近では中小企業診断士業務と呼べる仕事が全仕事量の3分の1くらいになってきました。
でもこれは、行政書士の仕事から派生したもので、中小企業診断士のタカハラサンへのご指名は、残念ながらまだ1件もありません。

中小企業診断士はダブルで価値が高まる

「どこの犬の骨かわからない」司法書士にでも、建物の登記を依頼することはできます。
「どこの豚の骨かわからない」行政書士にでも、建設業の許可申請を依頼することはあります。
建物の登記や建設業の許可申請なら、誰に依頼しても結果にそう大きな差がでるわけではないからです。
値段だけが受注の焦点になることも少なくありません。

一方、はじめて訪れたウェブサイトで、ニッコリ微笑みかける中小企業診断士にいきなり「経営に関する助言」をお願いする経営者はまずいません。
登記や許認可は「一定の結果が見える」ので評価がしやすい。もっと言えば、ゴールが明確なので、対価も支払いやすいわけです。

ところがコンサル業はそうはいきません。
ゴールが経営の正常化であり、適正利益の確保であることは明確ですが、それに至る道のりが複雑すぎてまったく見えない状態です。
そんな大変な仕事を会ったこともない人には頼めませんね。
だから、診断士の独立はむずかしいのです。

私が経営サポートをお願いされる、もはや事故と言っていいような出来事は、行政書士業務の延長線上として、私の人柄?やら実力?やらが過大に評価されて発生します。
つまり、中小企業診断士として独立するには、「行政書士として少しは仕事ができるタカハラだから、試しに経営の助言でもさせてみるか」、というような流れがあると楽なわけです。

【関連記事】
行政書士と中小企業診断士を人間観察でくらべてみる

独立するならかなりの覚悟が必要

10月に2次試験を控えた後輩受験生の皆さま。
診断士の資格一本で独立するのは無謀です。
「食えない食えない」と泣き言ばかりが聞こえる行政書士ですが、中小企業診断士はその比ではありません。
※事実、行政書士は食える資格です。この資格で食べられないなら司法試験に合格しても生活はできません。

独立するなら、行政書士なり、司法書士、税理士なんかを取得してから決意しましょう。
いい資格なんですけどね。ダブル資格、トリプル資格の一角として考えると・・・
昭和38年生まれ、平成28年度試験合格者からの助言でした。

【埼玉県】
さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市 春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市 上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市 八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

この番号にダイヤルしていただきますと、代表者のタカハラの携帯電話に転送されます。

朝6時から夜10時まででしたら年中無休でご相談に応じます。

行政書士の仕事に関すること、中小企業の経営に関すること。
どんなことでも「困ったときのタカハラ」、「困ったときのココカラザウルス」をぜひご活用ください。