貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝9:00~夜7:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【雑談】組み合わせの妙

2022年09月04日13時17分

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こんなものに約6分の時間はムダですが、それでもなおお暇なら、お読みください。
 
▶人のしぐさや持ち物を見ていると、『あ・・・しっくりくるな』とか、『あ~あ、こりゃダメだ』などと、その組み合わせにいろいろ言いたくなることがある。
自分中心の痛々しい人間ではあるものの、同時に、いい大人で(も)ある私は、あからさまにそういうことを口にしたりはしない。
だから、こうやって、時折『雑談』と称して、自分の会社の『記事欄』に『いやがらせ』をしているのだ。
 
▶ジジイとピックアップ
ピックアップというのは、乗用車タイプのトラックのことだ。
映画でもよく見る光景だが、欧米系人種の老人とピックアップトラックには、組み合わせの妙がある。
 
私は四輪駆動車が好きなので、昔からピックアップトラックにあこがれをいただいてきた。
若いころには、トヨタのハイラックスやニッサンのダットサン、マツダのプロシードなどに乗りたいと恋焦がれていたが、如何せん、子育てと家のローンに生活費以外の余力を全て吸い取られ、実現の可能性すらなかった。
 
いろいろ紆余曲折ありながら、還暦近くになって、ようやく子育ても終わり、『ついにピックアップトラックに乗る日が来たか!』と真剣に考えられるようになって、気になる車がトヨタのハイラックス。
うん、かっこいい。ディーゼルエンジンなのも気に入った。
よし、これにするか。
しかし、そこで気がついた。
 
『私(老人)にピックアップトラックは似合わないかも?』
 
この場合の『老人』というのは、世間によくいる『よぼよぼタイプ』の老人だけを指すのではない。
70を過ぎても、なお若々しい、『ビンビン(なにが?)タイプ』のかっこいい老人も含めて、『日本の老人にピックアップトラックは似合わない』ような気がするのだ。
 
実は、ハイラックスを購入目標にしてから、同車を見かけるたびに、ドライバーとの車の相性を気にかけてきた。
もちろん、ハイラックスのオーナーは、プラドのそれと同じ傾向があるので、オーナーは若い方が非常に多い。
ところが、時折、割と若作りをした老人(60歳以上80歳未満)が乗っているケースがあって、それを自分と重ね合わせてみるのだが・・・
ダメだ。
言ってみれば、老人が新品のスキニージーンズをはいて、タンクトップをinしているような感じ。
 
『ハイラックスが若者向けのデザインということか?』
 
アメリカ製、本気のピックアップに乗った老人はあまり見かけないが、(大変申し訳ないが)こちらもあまり似合っているという感じはない。
欧米系老人とピックアップの組み合わせの絶妙さを考えると、どうも、ちびっこ日系老人には分が悪そうだ。
同じトヨタでも、プリウスは似合うんだけどね・・・
 
▶子どもとウレタンマスク
マスクは息苦しい。
私は、いろいろ考えるところがあって、ほとんどマスクはしない。
※というか、感染症の予防という認識がほぼ欠けている。
しかし、『自分が平気』であることと、『他人が心配になる』ことは別なので、閉鎖的空間かつ公共の場では、しかたなくマスクをする。
 
最近、ウレタンマスクなるものを試してみた。
『つけているだけで、何らの効果もない』と、通販で買った磁気ネックレスのように揶揄される、アヤツである。
 
つけてみてわかったのだが、確かに何の効果もなさそうだ。
吐いた息がストレートに抜けていく感じを自然に楽しめるし、吸い込むときの抵抗も極端に小さい。
ほとんど役に立たず、しかし、暑苦しいことは暑苦しい。
これは(究極の)ムダと言える。
 
私が、嫌々ながらもマスクを持ち歩いているのは、『他人に心配をかけたくない』ためだということは前に書いた。
つまり、マスクが予防に必要だと考えている人々にとって、ウレタンマスクは『つけていないに等しい物体』であろうから、私が嫌々つけても、『他人の心配がなくなる』ことがないということだ。
どうせ無駄な努力をするなら、せめて『心配くらいなくなってもらわないと』それこそ割に合わない。
 
対して、子どものウレタンマスクは問題ない。
できるだけ子どもには、ウレタンマスクで自然な呼吸を楽しんでもらいたいし、こちらも組み合わせの妙だろうが、子どもはウレタンマスクの方がしっくりくるので、何ら問題がないように思う。
 

▶ラーメンとポニーテール
男性は、女性のポニーテールが大好きである。
その理由は不明だが、とにかく大好物のようである。
 
個人的には、ちょっと茶色い髪の大人の女性(35歳以上、自分以下)が、あまり高くない位置(はくしょん大魔王の娘アクビでは高すぎる)で軽く結んだポニーテールがいいな、と思う。
まあ、老人が適当なことを言っているだけだが。
 
ラーメンを食べるときに、お向かいに座る女性が、髪を手早くポニーテールにするしぐさに男性は弱い(らしい)。
私は、そういう人をまじかで見たことがないが、なるほど、ドラマなどで女優さんがする分には、なかなかよろしい。
このようなしぐさは、ラーメンとポニーテールの組み合わせの妙と言えるだろう。
 
一方、このラーメンが串だんごに変わったらどうだろう?
ラーメンには、髪を攻撃してくるつゆがあるが、串だんごにも、同じように髪にとって危険なタレやあんこがあるではないか。
串だんごを食する際にも、ポニーテール化は必要だろうか?
 
結論から言うと、これはいただけない。
串だんごを前に、手早くポニーテールにする女性を前にしたら
 
『コイツ・・・いったい何本食う気なのだろう?』
 
と、今日の財布やら、二人の将来などについて、いろいろな心配をしなければならなくなりそうだ。
ラーメンのときに、こんな気持ちにならないということは、ラーメンとポニーテールの組み合わせの妙と言える。
 
ちなみに、コメディアンと高音ボイスも、組み合わせの妙だと思う。
麒麟の川島さんのギャグを、まったく面白く感じないのは、低音不可な『関西のお笑い』が身に沁みついているからかなあ・・・

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。