貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
ご相談フォーム

【雑談】コロナと一時停止

2020年11月2日05時08分

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

▶マスクをつけていても、あまり苦しくない季節になってきた。
マスク嫌いの私にとってはいい季節だ。
 
医療従事者でもなく、介護職でもない私は、あまりマスクの予防効果に期待をしていない。
なぜなら、私にわざとツバキを飛ばしてくる人もいないだろうし、同じ空気を吸っているだけで感染するものでもない。
『コロナは空気感染するに違いない』と過度な不安におびえる悲観主義者も多いが、もしもコロナが空気感染するのであれば、通勤電車は時速100キロで走るクラスターとなる。
 
▶『お前の予防じゃなくて、お前が感染させる危険の問題なんだよ。』
 
わかってますって。
買い物に行くときはマスクを持参するが、お店の中などではほとんどと言っていいくらいに口は開かないので、店内だってマスクは不要だと思っている。
しかし、多くのお店の皆さんが辛い経営状態の中で、一生懸命頑張っていらっしゃるので、もちろん屋内では『儀式として』マスクを付ける。
 
でも、屋外じゃあ、できるだけマスクはしない。
今どき、屋外であっても、大声でしゃべることはないし、多少のホコリとばい菌を摂取しておかないと、大事な免疫システムが怠けることを覚えて、いざというときに正常に働かなくなる。
 
人類が克服できていないウイルスはまだまだたくさんある。
免疫システムに働いてもらわなければならない病気はコロナだけじゃない。
 
▶ジョギングが嫌になり、自転車でトレーニングするようになって、2週間が過ぎた。
私の家は、とんでもない丘の上にあるので、一度坂を下りれば、必ず同様の傾斜を戻らなければ、家に帰ることができない。
その意味では、絶対に甘えを許されない、『とてもいい環境』にある。
使用している自転車が特殊で面白い。(安くて楽しい)
また、太ももの筋肉が昔の状態に戻りつつあり、体脂肪率は下がるのに体重が増える、という現象に見舞われているのだが、この話はまた次の機会に。
 
▶朝6時半くらいからトレーニングを始めるのだが、いずこも同様、私の住んでいる町の周辺も早朝からウォーキングをしているシニアの方が多い。
驚くのは、そのマスク着用率だ。
夏の初めくらいから観察しているが、あの暑い季節から一貫して、シニアのマスク着用率は9割を大きく超える。
 
▶自慢じゃないが、私の住んでいるところは、結構な田舎である。
普通に歩いていても、半径50メートル以内に人が『侵入』してくることは少ない。
でも、マスコミに毒されてしまったシニアは、小学校から習ってきたはずの学問のすべてをかなぐり捨てて、『マスク新教の信者』になってしまっている。
 
それが悪いとは言わない。
自分が息苦しく、免疫システムの維持にも不利なだけなので、『どうぞご自由に』である。
高齢者の致死率の高さを考えても、科学や理屈を超えた恐怖があることも理解できる。
しかし、私が普段から不満に思っているのは、マスク着用の是非についてではない。
 
▶田舎は田舎だが、3000世帯を抱えるニュータウンではあるので、車の往来はわりと多い。
その上、高齢化したニュータウンの宿命と言えるが、高齢ドライバーが非常に多い。
大変危険な地域である。
 
半径500メートルに数人しかいない早朝に、コロナを恐れてマスクを欠かさない連中が、この狭いニュータウンの狭い生活道路を信じられないスピードでかけぬけていく。
半径500メートルに数人しかいない早朝に、コロナを恐れてマスクを欠かさない連中が、一時停止を完全に無視して走る。
半径500メートルに数人しかいない早朝に、コロナを恐れてマスクを欠かさない連中が、横断歩道で手を挙げている歩行者の願いを完全に無視して走り去っていく。
半径500メートルに数人しかいない早朝に・・・・
 
▶要はリスク管理の問題なのだ。
何度も言うが、マスクをつけるのは自由だ。
なんとなれば、私以外の全員が24時間マスクをつけていてくれれば、私はとてもうれしい。
 
しかし、安全運転のルールについては話が違う。
みんなでルールを守らなければ、人の命にかかわるのだ。
 
▶コロナで濃厚接触者と認定されるためには、感染者とマスクなし、1メートル以内の距離で15分程度の会話を楽しまなければならない。
飲食を伴えば別だが、今の状況で、1メートルの距離でまったくの他人様と15分以上も話す機会があるだろうか?
心がけ次第にはなるが、理屈をしっかり理解していれば、コロナ感染のリスクはそれほど高くはない。
 
一方で、一時停止無視のリスクはどうだろう?
このリスクをコロナに例えれば、マスク無しで他人と50センチくらいの距離で15分話すくらいになるのではないか?
しかも、一度車で買い物にでも行けば、何回一時停止に出会う?
1時間くらいの間に、『あなた何回濃厚接触するの?』である。
 
▶私はコロナより、日々の運転の方がよっぽど怖い。
コロナは感染しても自分がつらいだけだし、そもそも感染自体は『悪』ではない。
 
でも、事故を起こしてしまったら、自分ではなく他人に辛い思いをさせてしまう。
コロナ感染は『悪』ではないが、一時停止を無視して事故りゃあ、そりゃ自分が完全に悪い。
 
何度も書くけど、マスクをつけることは止めやしない。
バイアスのかかった報道のせいで、恐怖におびえている心情にも同情する。
 
でも、コロナよりも交通ルール無視の方がリスクが高いから、マスクをしながら一時停止もしてね。
マスクをしたままでいいから、横断歩道に歩行者がいたら止まってあげて。
 
コロナから自分や家族を守りたい気持ちは皆同じ。
それなら、自分や家族をかわいがるのと同様に、他人の命も守ってあげてくださいな。
 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

この番号にダイヤルしていただきますと、代表者のタカハラの携帯電話に転送されます。

朝6時から夜10時まででしたら年中無休でご相談に応じます。

行政書士の仕事に関すること、中小企業の経営に関すること。
どんなことでも「困ったときのタカハラ」、「困ったときのココカラザウルス」をぜひご活用ください。
貸切バスの年間サポート
仕事に役立つ最新情報
乗務員教育ビデオ配信
貸切バスの年間サポート