貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝7:00~夜9:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【雑談】中学生と一緒に試験を受ける

2021年01月17日11時41分

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


※実際の会場ではありません。
 
▶昨日、久々に試験を受けてきた。
以前の雑談でも書かせていただいた、『数学検定2級』である。
今回はイレギュラー開催だったようで、申し込みできたのは幸いだった。
 
1月の寒空の中、関越自動車道を利用して、本庄市の試験会場に向かった。
指定された場所は、割とフツーな感じの学習塾。
平屋建てが2棟並ぶ雰囲気は、昔の珠算塾のようだ。
 
▶今回は2級から10級までの試験が一斉に行われた。
受験した教室は、2級から4級まで。
私の受験した2級が高校2年生、準2級が高校1年生、3級が中学3年生、そして4級が中学2年生レベルである。
 
ざっと見渡して15人程度が同じ教室で受験するのだが、そのほとんどが3級ないしは4級を受験する中学生で、2級は私を含めて2名、準2級も2名だった。
(しかも、2級のもう一人は欠席だったので、結局私一人が2級を受けた)
 
▶数学検定、通称『数検』は1次試験と2次試験に分かれていて、1次試験は『計算技能検定』、2次試験は『数理技能検定』と呼ばれている。
なんのこっちゃだが、要するに1次試験は計算力が試され、2次試験は数学的な思考能力が試されるというわけだ。
 
この検定を受ける以上、1次で落っこちるようであれば、受けた級数に間違いがあるということだ。
2級の1次で落っこちるのであれば、準2級、ないしは3級から始めればいい。
つまり、この試験の本番は2次試験ということになる。
 
▶2次試験は、必須問題2問に加えて、選択式5問から3問選択して解答する。
解答は『単に答えがあっていればいい』というものではなく、解答に至るプロセスも記入させられるので、場合によって部分点がもらえる。
まあ、大学入試の2次試験と同じ形式だ。
 
2次試験の合格ラインは60%以上なので、5問解答、3問正解すれば合格することになる。
必須問題のうち、1問はほぼ9割の確率で『積分からの面積計算』がでるので、ここは計算間違いにさえ気をつければ確実にとれる。
必須問題のもう1題はちょっとひねくれた三角関数や変な数列問題がでるが、全く対処できないわけではない。
合格のための戦略としては、必須問題2題を確実に取り、選択問題3題のうち2題完答1題部分点が理想だ。
 
▶2次試験は午後4時半から始まった。
試験時間は90分。
まず、1問目から5問目までをざっと見る。
1問目は2次関数の二つの解がどちらも負であることの条件を出す問題。
2問目はカテゴリー分けがしにくい整数問題。
3問目は直線上を移動する点と2定点をの距離の最小値を求める問題。
4問目は数列のちょっとひねった問題。
5問目は見るのも嫌な、魔法陣系の問題。
 
▶選択問題については、1問目と3問目、4問目でなんとか行けそうな感じがする。
では、必須問題を見てみよう。
最期の7問目は予想どおりの積分からの面積計算。
どれどれ6問目は・・・!!!
 
ここで、一瞬心臓が止まったような気がした。
 
やばい(汗)、円順列だ。
円順列はやらなければならない、と思っていた。
でも、もともと『場合の数』というカテゴリーが好きではないこともあって、後回しにしていた。
 
男子6人、女子3人の計9人が円卓に自由に座る。
この場合の座り方のバリエーション数を求める問題である。
黙って座れ!このバカ者!
・・・と一喝したくなるような問題だ。
こんな知識は若い人が合コンの際に役に立つくらいのものだろう。
 
▶しかも、今回の円順列は、問題としては『ものすごく簡単なもの』だ。
サービス問題といっていい。
しかし、簡単な問題というのは、公式で解けることが多く、つまりは公式を知らないとまったく手が出せない。
まったく手が出ないということは、部分点に期待することもできないわけだ。
 
『まずいな・・・』
必須問題2題完答、選択問題2題完答1題部分点の予定が大きく崩れた。
 
『これは、選択問題で3問完答しないと合格はない・・・』
 
▶まず必須問題の積分からの面積問題を慎重に完答。
次に、1問目の2次関数の問題を、これも慎重に完答。
 
2問目は変な整数問題なので、これは避ける。
3問目は得意の関数なので、さっそく取り掛かる。
1番はすぐに解答できたが、2番でてこずる。
実数解が出るはずなのに、なぜか虚数解がでてくる。
おかしい・・・まずいな・・・
 
10分ほどで、一度この問題を捨てて、4問目の数列にまわる。
数列の問題の良いところは、少し手間をかければ検算ができるところ。
 

【1】【2 3】【4 5 6】【7 8 9 10】【11 12 13 14 15】【16 17 18・・・】
 
❶このような規則で並んだ数列の、n番目の【 】の中の最初の数字をnで表現する。
❷n番目の【 】の中の数字の合計をnで表現する。

 
1番は簡単な階差数列だが、❷はちょっとややこしい。
でも、出来上がった数式に実際の数字をいれて検証できる点で、数列は安心感がある。
この問題も完答。
ここで3問完答なので、ミスがなければ合格ライン。
 
▶私は『ケアレスミス達人』なので、万全を期すべくもう1問の完答を目指す。
未練たらしく、もう一度3問目に戻る。
やっぱり虚数解が出る。
完答しなければ危険なので、この問題は捨てる。
※選択問題は3問しか解答するスペースがない。大学受験にありがちな、食い散らかし戦略は通用しない。
 
こうなると、残る問題は『わけのわからん整数問題』の第2問と、『わけのわからない魔法陣系問題』の第5問のみ。
魔法陣系はホントーに大っ嫌いなので、しかたなく『わけのわからない整数問題』を選択し、この問題と心中する覚悟を決めた。
 

(x-a)×(y-b)=ab
 
❶a=1、b=6のとき、(x、y)の組み合わせをすべて答えよ。
❷aとbがそれぞれ異なる素数の場合、すべての(x、y)の組み合わせを、aとbを使って表しなさい。

 
❶は簡単だ。
❷は?
???
こんなの無限にあるじゃん。(aとbで表現を忘れている・・・)
え?
 
▶数検の『わけのわからない問題』には、大きな特徴がある。
それは、『冷静になれば、めっちゃ簡単な問題』というもの。
逆に言えば、パニックになると、ものすごく難しく感じてしまうようにできているということだ。
 
❷における出題者の意図がわかって、『なんだよ~、簡単じゃん』と気づいたのは、90分の試験終了10分前だった。
『それぞれが異なる素数』
こんな数学独特の言い回しに、おじさんケイレンしちまったぜよ・・・
きつかったぜ・・・
 
▶結論から言うと、4問完答できた。
円順列さえちゃんとやっておけば、と思ったが、『課題をあと回し』にした自分が悪い。
 
久しぶりに脳みそフル回転の140分を過ごすことができた。
風呂が気持ちよかったこと!
風呂上りのビールが美味しかったこと!
その後の日本酒の旨さたるや、なんとなんと!
 
これがあるから、年をとっても『何かへの挑戦』はやめられない。
英検に挑戦することは決まっている。
この後、数検の準1級を目指すかどうかはわからないが、また別の目標を見つけて走ってみようかな。
 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。