貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝7:00~夜9:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【運行管理者試験】webテストを公開しました。(道路交通法1)

2017年11月17日07時20分

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


行政書士オフィスココカラザウルス・株式会社付加価値ファクトリー
貨物・旅客・産廃のエキスパートアドバイザー
中小企業診断士・行政書士の高原伸彰です。

webテストを公開しました。
配信ページから入ってください。
今回は道路交通法の第1回目です。
運行管理者試験のキモとなる部分です。

第1問目から第8問目

試験が始まってすぐに目に飛び込んでくる部分です。
ここでしくじると、その後の流れが大きく変わってしまいます。
逆にここを冷静に乗り切れると、試験全体がやさしく感じてくるはずです。

運行管理者VS事業者

別に労使交渉の話をしているのではありません。
この対比で出される問題が頻出だ、と言うことです。
ビデオでも繰り返しオハナシしていますが・・・・

カネのかかること、カネのからむことは事業者の仕事です。

アルコール検知器を備えるのは事業者。
使用するのは運行管理者。

休憩施設を整備するのは事業者。
管理するのは運行管理者。

事故報告関係は捨て問

効率の悪い問題は捨ててかかる。
これがフカファク流の一発合格法。
事故報告関係は取れればラッキー♪くらいの勢いで、完全に捨ててかかりましょう。
覚えるだけ時間もムダです。
※あくまでも試験対策としてはね。

しっかり繰り返してください

荷物待ちの間や、客待ちの間にちょこっとチャレンジし続けるだけで、3月にはかなり実力がついてきます。
5分あればチャレンジできますから、何度も何度も繰り返してください。

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。