貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
ご相談フォーム

【旅客】【貨物】初任運転者教育セット販売数100セット超えました

2020年8月20日13時13分

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

おかげ様で初任運転者教育セットが累計100セットを超えました

おかげ様で、当社より発売しております初任運転者教育セット(別サイト)の、販売累計が100セットを超えました。
昨年5月末に発売いたしましたが、ここまで多くの事業者様にご指示いただくとは、全く想定外のことでした。

この初任運転者教育セットは、現在も当社の教育ビデオを編集・作成しております女性スタッフが、まだまだ手探りで編集作業にあたっていたころの作品です。
 
当然のことですが、編集や構成自体は、今現在よりもかなり粗の目立つ仕上がりです。
しかし、再度見直してみると、それはそれで映像編集のテクニックに頼らない、何か情熱のようなものも感じる『良い教材』であると自負しております。

 

徹底して専門性を磨いてきました

当社は貸切バスの更新制度開始当初から、一貫してその専門性を磨いてまいりました。
『何でもできる』は『何もできない』と一緒、と自分に言い聞かせながら、一つの分野に特化してここまでやってました。
初任運転者教育セットが、初版でここまで指示されるに至った理由は、このあたりに要因があったのではないかと思っています。

初任運転者教育セットは、正価が49,800円(税別・送料別)です。
しかし、サポート契約を結んでいただいている事業者様には、ご愛顧価格として19,800円(税抜・送料別)でお譲りしております。
 
また、初任運転者教育セットをご購入の後で、サポート契約を結んでいただいた場合は差額を返金いたしておりますので、ぜひご利用いただければと思います。

 

適齢診断後の教育セットは年内に発売予定

現在、新しいシリーズとして、適齢診断後の教育セットを作成しております。
予定では年内に発売の予定ですので、決定しましたら、また告知をさせていただきます。

適齢診断は、65歳になったらその年度内に、そしてその後は3年に一回のペースで受診しなければなりません。
受診後は、それぞれの診断結果に応じた個別教育が求められていますが、これがなかなか実行しにくい状況です。
理由は簡単です。
適切な教材がないからです。
 
適齢診断は、以下の項目で診断されます。
★運動・身体機能の維持
・判断・動作のタイミング
・動作の正確さ
 
★運転者としての意識向上
・注意の配分
・安全態度
・危険感受性
 
★安全運転に必要な心のあり方
・他人に対する好意
・気持ちのおおらかさ
・協調性
・感情の安定性
 
当社の『適齢診断後の教育セット』は以下の特徴があります。
(1)ビデオ、テキストが3セット用意されています。
 A.65歳ないしは、それ以上の年齢で、最初に受ける方用
 B.68歳ないしは、2回目の適齢診断を受ける方
 C.71歳ないしは、3回目の適齢診断を受ける方
 
(2)診断における3つのカテゴリーすべてを網羅する内容の教育です。

 

これからも使いやすい教材を作成します

これからも、皆さまのお役に立てるような教材を随時開発してまいりたいと思っております。
リクエストも募集しておりますので、『こんな教材が欲しい』というお声を広くお待ちしております。

★当社で発売させていただいている教材
□ 乗務員教育セット (全国発送)月間105セット
□ 初任運転者教育セット 販売累計 111セット
□ 法令試験合格テキスト 販売累計  74部
□ 運行管理者スタートキット 販売累計 68部

 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

この番号にダイヤルしていただきますと、代表者のタカハラの携帯電話に転送されます。

朝6時から夜10時まででしたら年中無休でご相談に応じます。

行政書士の仕事に関すること、中小企業の経営に関すること。
どんなことでも「困ったときのタカハラ」、「困ったときのココカラザウルス」をぜひご活用ください。
貸切バスの年間サポート
仕事に役立つ最新情報
乗務員教育ビデオ配信
貸切バスの年間サポート