貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝9:00~夜7:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【産廃】燃えがらとばいじんの違い

2022年03月16日17時50分

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

燃えがらとばいじんのルーツは同じ?

産業廃棄物の処理品目の中に、『燃えがら』と『ばいじん』があります。
なんだか似たようなものに思えるのですが、違いはどこにあるのでしょうか?

燃えがらは、文字通り何かを燃やした後の残骸です。
専門用語的な言い方をすると『焼却残さ』となります。
 
一方でばいじんはと言うと・・・
はいじんというのは、何かを燃やした後のすすやちりなどに含まれる微粒子のことです。
あれ???
どこが違うんだろう??

 

残る場所で違いがでる

あまり細かいことを申し上げてもなんですので、簡単に違いをご説明します。

★燃えがら
焼却炉でモノを燃やすことを考えてみてください。
火が消えた後に、焼却炉の底に溜まっているのが燃えがらです。
 
★ばいじん
上の例で説明します。
焼却炉には煙を安全に大気放出するため、煙突の途中にフィルターが設けられていることが一般的です。
このフィルターでキャッチされたり、煙突内に残った微粒子、これがばいじんです。

 

どちらも特別産廃になる可能性アリ

燃えがらやばいじんの中には、通常の産廃よりも危険とされ、特別管理産業廃棄物と呼ばれるものもあります。

モノを焼却すると、自然や生物に悪影響を及ぼす物質が生成されることがあります。
このような現象が起こると、焼却後に残った灰や微粒子には、毒性の高い物質が多く含まれることになるので、このような焼却残さを処理するには、特別の設備を備えた施設への搬入が必要になります。

 
特別産廃というと収集運搬の許可も取得が大変そうですが、実際はそうでもありません。
お気軽にご相談ください。
 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。