貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝7:00~夜9:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【緊急・コロナ対策】持続化給付金の最新情報(4月16日)

2020年04月16日17時28分

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

基本的な部分に大きな変化はありません

先日、ご紹介した持続化給付金についての最新情報を共有しておきます。
ビデオでご説明した内容に、あまり変化はありませんが、細かい部分を修正させていただきます。

法人税の申告と確定申告がマストです

支給される業種については、ほとんど区別(差別)されません。
法人の場合は、法人税の申告がなされていることが必要です。
個人事業主の場合は、確定申告がされていることが条件です。

万が一、2019年度の確定申告をされていない場合には、最寄りの税務署に確認してみてください。
私の知り合いは、なんとか申告できるような段取りになったそうです。
とにかく、諦めないで相談してみてください。

業歴が浅くてもあきらめない!

昨年起業された方や、開業された方も対象となるようです。
収入源の比較対象や、その方法については未確認です。
 

申請は5月から、基本はオンライン

給付金の申請は、基本的にオンラインで行われるようですが、できない方のために、郵送での申請も認めるようです。

先日のビデオの中で、『GビズIDが利用されるのではないか?』と申し上げました。
しかし、実際にはこのシステムは利用されないようです。
早とちりをして申し訳ありませんでした。

5月中の入金もある?

申請はオンラインが5月の第2週から、書面申請は3週以降になるのでは?とのことです。
うまくすれば、5月中に順次入金されるのはないかと期待しております。
 
それ以外の部分に大きな変更はありません。
持続化給付金についての概要をお知りになりたい方は、以下の記事(動画)をご覧ください。

Click!⇒【緊急・コロナ対策】持続化給付金についてお知らせします(動画解説付き)

 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。