貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝7:00~夜9:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【旅客】【貨物】ドライバーの熱中症予防対策

2021年08月02日13時38分

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

冷房中でも油断は禁物

トラックもバスもタクシーも、ドライバーさん達は冷房の利いた車内にいます。
ある程度、涼しい環境にいるので熱中症とは無縁に思えますが、そんなことはありません。

考え方によっては、炎天下にいるよりも危険な場合があります。
 
①仕事の内容によっては、頻繁に乗り降りする。
 ⇒気温差というのは、体に大きなダメージを与えます。
 
②汗をかきにくい環境にあるので、体内に熱がこもっている場合がある。
 ⇒汗による体温のコントロールは大変大切です。
 
③乗車中は基本的にマスクをつけた状態にある。
 ⇒体内に取り込まれる空気の温度は体感温度に大きく影響します。

 

わかりやすいリーフレット

厚生労働省のホームページに、わかりやすいリーフレットがありました。
こちらからダウンロードしてご利用ください。

Click!⇒厚労省_熱中症対策リーフレット

 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。