行政書士オフィス ココカラザウルス、早い許認可、さいたま市、産業廃棄物、一般貨物自動車運送事業、一般貸切旅客自動車運送事業、会社設立無料、建設業、農地転用、倉庫業
ご相談フォーム

事務所のご案内

事務所名
行政書士オフィス ココカラザウルス
メンバー
代表 高原伸彰
(行政書士 11131419号、中小企業診断士 416044号)
アシスタント(行政書士補助者/個人情報保護士)
アシスタント(ファイナンシャルプランナー)
所在地
〒354-0024
埼玉県富士見市鶴瀬東1-1-46
TEL
049【257】6750
FAX
049【257】6751
メールアドレス
info@cocokara-ok.com

仕事に役立つ最新情報

行政書士オフィス ココカラザウルスとは?

ココカラザウルスの沿革を教えてください。

2013年10月に東武東上線沿線の北坂戸駅前で行政書士ココカラ法務事務所を開設しました。

その後2015年1月に現在の埼玉県富士見市に事務所を移し、2017年7月に行政書士オフィス ココカラザウルスに事務所名を変更しました。

なんでココカラザウルス?

もともとココカラ法務事務所という事務所名は、「ココカラいろいろな問題を解決して欲しい」という行政書士としてのあたり前の思いをかたちにしたものでした。

事務所名を変更するにあたり、「ココカラエクスプレス」、「ココカラサポート」などいろいろ候補には上がりました。

しかし、現在の当事務所のお客様の9割が法人様で、さらに許認可取得だけでなく、経営のサポートも当事務所の大きな業務になっていることから、おつきあいをさせていただいている会社様が「ココカラ」「恐竜」のように強く、たくましくなっていただきたい、という思いを込めて行政書士オフィス ココカラザウルスと命名させていただきました。

ココカラザウルスのポリシーは?

「サービス満点、夢いっぱい」です。
ココカラザウルスに頼めば許認可取得がとても楽で、そして商売に希望が見えてくる。
そんな気持ちになっていただけるように、日々努力しております。

代表者の高原は京都府出身、1963年2月生まれ。
両親は二人とも長崎出身なのですが、私自身はほとんど長崎にいた記憶はありません。
学生時代はずっと大阪でしたから、私の中身はサービス満点の大阪人気質だと思います。

行政書士になる前は、廃棄物の業界で22年間営業一筋の生活を送ってきました。
そのころの私のキャッチフレーズは
「困ったときのタカハラ」

なんともベタな呼び名ですが、私は営業マンとしてこのキャッチフレーズをいただけたことは最高の栄誉だと思っています。

この仕事へのスタイルは行政書士・中小企業診断士になっても変わることはなく、そして行政書士オフィス ココカラザウルスのメンバー全員にもしっかりと受け継いでいきたいと思っています。

事務所メンバーの専門分野は?

高原は中小企業診断士・行政書士としての目線から、許認可取得だけではない利益の出る経営のサポートを専門にしています。

行政書士になる前に22年間廃棄物の業界。
そして、行政書士になってからは、貸切バス、トラック運送など物流・流通業界のサポートを多く手掛けております。
特に、貸切バス(一般貸切旅客自動車運送事業)の許認可手続き、経営サポートについては多くのお客様から信頼をいただいております。

スタッフの一人は個人情報保護士の有資格者です。
出張教育、PMSの維持管理は彼女にお任せください。
事務スタッフは財務・経理など、数字に強く、お客様の財務改善資料の作成などに活躍してくれます。

ココカラザウルスのモットーは?

① 最高のサービスを提供する。
お客様が依頼したことを忘れるくらいに、すべてココカラが代行します。

② 常に最高のスピードを心がける。
がんばります!

③ 「困ったときのココカラさん」になる。
代表者のタカハラが一番こだわるところです。

その他にアピールポイントは?

ホームページのメニューにないことも遠慮なくご相談ください。
行政書士は「街の身近な法律家」です。

ココカラザウルスで担当できない業務でも、士業のネットワークをフル活用して、きっと一番いい解決方法を見つけることができるはずです。
「サービス満点、夢いっぱい」のココカラザウルスをどうぞよろしくお願いします。
ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555
この番号にダイヤルしていただきますと、代表者のタカハラの携帯電話に転送されます。

朝6時から夜10時まででしたら年中無休でご相談に応じます。
行政書士の仕事に関すること、中小企業の経営に関すること。
どんなことでも「困ったときのタカハラ」、「困ったときのココカラザウルス」をぜひご活用ください。