貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝9:00~夜7:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【旅客】【貨物】2022年10月の乗務員教育セット発送しました

2022年10月01日07時39分

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

1時間目は法令の学習

あまり勉強したくない分野ですが、事業用自動車のドライバーである以上は、避けて通れないところです。
出来るだけわかりやすく学べるように工夫しましたので、頑張ってみてください。

知っておきたい法律
道路運送法
旅客自動車運送事業者の義務と責任を定めた法律です。
法律ですから、あまり具体的なことは書いていませんが、一度目を通しておきましょう。
 
貨物自動車運送事業法
トラックを事業用として運行する会社の義務と責任を定めた法律です。
内容は、おおむね道路運送法と同じです。

 

ドライバーに身近なのは規則
事業用自動車のドライバーさんにとって身近なのは、規則の方です。
 
旅客のドライバーさんとっては、旅客自動車運送事業運輸規則、貨物のドライバーさんにとっては、貨物自動車運送事業輸送安全規則が用意されています。

 

2時間目は、高さ・長さ、幅を意識した運転

事業用自動車は、荷物を運んだり、乗客を運んだりするため、一般的な車両よりも車体が大きく設計されています。
 
車体が大きい=コントロールがむずかしい、ということです。

アイポイントの違いによる影響
今回は、アイポイントの違いによるメリット・デメリットを勉強しました。
アイポイントが高ければ、周囲の状況を把握しやすくなりますが、一方で死角が大きくなるなど、デメリットも少なくありません。
 
車両の特性による影響
オーバーハング部分のはみ出しや、内輪差、車幅の違いなど、事業用自動車に特有の違いによる影響についても勉強します。

 

右折をする際の注意点

今回は、私(タカハラ)がやってしまったヒヤリハットを題材にしました。
 

ヒヤリハットの状況
①自家用車で走行中
②信号のある交差点で右折
③右折先の横断歩道にいる自転車に気づかず
④危うく追突事故
 
ビデオでは冷静を装っていますが、結構焦っています。
今回は、ヒヤリハットの原因をいろいろ(少しこじつけ気味に)解説していますが、要するに、単なる確認不足です。

 

非接触事故に注意!

この時間、一番勉強していただきたいのは、狼狽事故・誘因事故の危険性です。
今回のようなケースで、もしも自転車に乗っていた人が転倒したら、私には救護義務が発生します。
接触していなかったとしても、無視して通り過ぎてはいけません。
 
非接触事故で被害者の救護義務を怠った場合のペナルティについては、ビデオでご確認ください。

 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。