貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝7:00~夜9:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【旅客】【貨物】2021年9月の乗務員教育セット発送しました

2021年09月01日07時46分

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

1時間目は車両火災への対応(旅客専用教育)

車両火災は結果が甚大になりやすく、また対処がむずかしいので、事業用自動車に関わるアクシデントの中でも、特に注意が必要です。

来年1月に勉強しますが、1900年代の中ごろにはバスの関わる大きな火災事故が起きています。
愛媛県で発生したバスの火災事故では、定員の1.5倍の乗客を乗せた車内で、お祭りで使用される予定の映画フィルムが燃え、女性や子供を中心に30名以上の方が亡くなりました。
 
狭く、密閉された空間で火災が発生すると、火そのものの危険に加えて、煙の危険も考えなくてはいけません。
火災で発生する煙は、大変毒性の高い一酸化炭素が多く含まれます。
 
今回の勉強では、高速道路を走行中に火災が発生した場合に、
①どのようにして、車両を安全なところに停めるか。
②煙の被害を防止するためにできることは何か。
などを勉強します。

 

2時間目は指定道路と新規格車(貨物専用教育)

公道を走ることのできる車両のサイズを覚えておきましょう。
今回は、車両制限令の理解に加えて、新規格車についても勉強します。

新規格車は、『今までよりもたくさんの荷物を積んで、公道を安全に走行できる』と認められた車両です。
温室効果ガスの発生量を抑えることができますし、ドライバーの慢性的な不足解消にも朗報です。
 
しかし、たくさんの荷物を積むことができるということは、道路にとっては負荷が高いということになりますので、新規格車は走れるルートに制限があります。

 

3時間目は適性診断の重要性

これまでも勉強していますが、再確認の意味でもしっかりと勉強しておきましょう。
適正診断の意味や役割について勉強しておきます。

適正診断は、その点数を競うものではありません。
人によって違う性格や、運転に関わる身体能力の特性を分析するためのものです。
 
自分と他人との違いを知って、自分ができる安全運転への工夫につなげることが大事です。

 

健康教育は背筋

『老いは足腰から始まる』と言われますが、最近の研究では『その前段として背筋の衰え』があることがわかってきました。

老化は緩やかに進むわけではなく、ところどころで急激に進むことがわかっています。
30代、60代、70代に、大きなガケのようなものがあるイメージです。
 
今回は、背筋力の維持の重要性や、背筋の鍛え方、伸筋の重症性などに着目します。

 
メンバーの方は、このホームページの中からビデオの視聴、テキスト・テスト・記録簿のダウンロードができます。
 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。