貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝7:00~夜9:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

【旅客】【貨物】2020年2月の乗務員教育発送しました。

2021年02月01日04時36分

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

1時間目は旅客専用教育

旅客専用教育は『コロナ禍における旅客への対応方法』です。
今回は、まず『コロナ感染予防の対策』について勉強し、その後『高齢者や障がい者』などへの対応方法について学びます。

コロナ対策としては、まず『飛沫対策』と『接触対策』を中心に考えます。
 
これまで、1年間私たちは様々な形で、コロナについて学んできました。
空気感染(エアロゾルを含む)は不明な点が多いため別に考えるとして、私たちが感染防止のためにできることは、接触感染と飛沫感染の予防です。
特に、高齢者や障がい者、基礎疾患のある方などを介助する場合には、飛沫は当然のことながら、接触感染の予防が重要になってきます。
 
接触感染は、飛沫感染と比較すれば、まだ危険度が高くないでの、適切な対処法を学んでおけば問題ないはずです。

 

2時間目は貨物専用教育

貨物専用教育は、『事故から学ぶ過積載の危険性』をテーマに学習します。
今回取り上げた事故は、今から17年前に発生した『平山トンネル正面衝突事故』です。

平山トンネルは、東海北陸自動車道のトンネルで、岐阜県内に位置します。
2004年7月の朝、このトンネル内で、乗用車とトラックが正面衝突し、乗員7名全員が亡くなるという悲惨な事故が発生しました。
 
この事故の直接的な原因とされているのが、トラック側の『タイヤのバースト』です。
そして、このタイヤのバーストの原因となったのが、『タイヤの整備不足』と『過積載』でした。
 
飲酒運転については、かなり、その危険性が周知されてきました。
しかし、過積載についてはどうでしょう?
検挙されていないだけ、事故をおこしていないだけで、まだまだ路上には、過積載の車両が多く存在し、走行していると思われます。
 
今回の学習を通して、少しでも過積載の危険性に気づいていただければと思います。

 

3時間目はドラレコ連動教育

今年4回目のドラレコ連動教育は、『歩行者を保護する気持ちを持とう』です。

皆さんは、歩行者の横を通行するときに、どれくらいの距離をあければいいか、知っていますか?
横断歩道のない交差点では、歩行者が優先だって、知っていましたか?
 
そのほかにも、『徐行の意味は?』『自転車は車両?歩行者?』など、ドライバー必見の情報が満載です。

 

健康教育は『突然死を防ぐ』です。

働き盛りのお父さんに何かがあったら、家族はもちろん、職場も大変です。
そんなことにならないように、気を付けて予防できる部分は、しっかりと予防しましょう。

今回は、ちょっと面白い形で健康について勉強しました。
ドクターがちょっと意地悪な方法で、皆さんの健康作りをお手伝い?してくれますよ。
お楽しみに!

 
3月は『総仕上げの勉強になります。』
今月もしっかり勉強しましょう。
 

【中小企業診断士/行政書士 高原伸彰】

 

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。