貸切バス専門特定行政書士・一般貸切旅客・一般貨物運送・貸切バス更新・運輸安全マネジメント・BCP
通話
無料
0120-359-555
受付時間 朝7:00~夜9:00
土・日・祝日でもご相談ください
ご相談
ご注文
フォーム

3月の健康情報配信開始しました。テーマは眠り。

2018年03月07日07時06分

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

今月の健康情報のテーマは『眠り』についてです。
眠りとは意識がない状態のことですから、ついおろそかになりがちですが、健康に日々を過ごすためには絶対に必要なテーマです。

初めて体験した

恥をさらすようで情けないのですが、実は先日初体験したことがあります。
居眠り運転・・・

前夜遅くまで仕事をし、早朝(4時起き)から潮来でゴルフ。
夕方、そのまま圏央道にのって埼玉の自宅に向かう途中でした。

かなり眠気がしてきたので「これはマズい」と、仮眠する場所を探したのですが、圏央道はSAやPAがほとんどありません。
さすがにICから一度出て休憩するまでの決心はつかず、我慢しながら走っているとその先に渋滞が・・・
速度30㎞くらいでダラダラ流れる、一番つらい展開です。

ガー!

大きな音にハッとしました。
「寝てた・・・」
驚きました。久しぶりに大ショックを受けました。
長いドライバー人生で本当に初めての経験です。

大きな音を立ててくれたのは、タイヤで踏むと音の出る路側帯。
意識を失っていた時間は数秒にも満たないものでしょう。
しかしあの時、路側帯が大きな音を立ててくれていなければ、何かに衝突するまで私が眠りから覚めることはなかった、と思います。

人生の大きな部分を占める眠り

睡眠の質を大事にしましょう。
私の居眠り運転も、前夜の疲れが睡眠で解消されていなかったことに起因しています。
眠りのクオリティを高めることが安全な運転を支えてくれることを実証してしまいました。

サポートページから

今月の健康情報はいつものサポートページからダウンロードできます。
サポート会員の皆さまには、3月分の教育ビデオ、テキスト、記録簿と一緒にデータでお送りしております。
どうぞご活用ください。

検索

このサイト内には仕事に役立つ大事な情報がたくさん含まれています。
このボックスにキーワードを入れて最新記事を検索してください。
(例:ドライブレコーダー、監査、更新 など)

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

ご相談内容について

  • 行政書士業務について
  • 診断士業務について
  • 教材について
  • サポート契約について
ご注意ください
サポート先様以外からの『実務に関するご質問』にはお答えしておりません。
例:年間契約の計算方法、手数料の考え方など

どうぞご了承ください。