行政書士オフィス ココカラザウルス、早い許認可、さいたま市、産業廃棄物、一般貨物自動車運送事業、一般貸切旅客自動車運送事業、会社設立無料、建設業、農地転用、倉庫業
ご相談フォーム

運輸安全マネジメントの代表者による見直し議事録の書式をUPしました。

2017年12月27日07時19分

旅客・貨物・物流・産廃専門の行政書士オフィスココカラザウルス
旅客・貨物・産廃エキスパートアドバイザー 株式会社付加価値ファクトリー
中小企業診断士・行政書士の高原伸彰です。

マネジメントシステムはPDCA

運輸安全マネジメントシステムは文字通りのマネジメントシステムの一種です。
マネジメントシステムと言えば、PDCAサイクル。
おなじみの4文字ですが、これらがシステムの中心になります。
このPDCAサイクルを継続的に回していくことが、マネジメントシステムを運用するということの意味です。

肝心なのはCとA

Pはプランです。計画ですね。
これは小学生でもできます。
夏休みの計画作り・・・覚えていませんか?

Dは実行です。
これは計画よりもむずかしい。当然ですね。
しかし、実行もこの後のCやAよりは気楽です。

問題はそのCとA。監査(チェック)と改善(アクション)です。
優れた立案力に飛びぬけた実行力が備わっていても、チェックやアクションがなければ成功は1度きりです。
マネジメントシステムの基本は継続的改善ですから、1度きりの成功に満足していてはいけません。
実行の後にチェックを行い、それをトップダウンによる改善につなげていく必要があるのです。

とりあえずはActionの書式を・・・

運輸安全マネジメントを構築していても、その後の監査や改善を定期的に行っている会社さんは多くありません。
原因はいろいろありますが、維持管理に必要な書式が揃っていないこともその一つにあげられます。
そこで、当社が安全経営サポート契約を結んでいただいている事業者さん向けに運輸安全マネジメント維持管理用の書式をご提供していくことにしました。

まず、第一回目は「代表者による見直し議事録」です。
この書式はPDCAサイクルのAction(改善)で利用する書式です。
書式そのものはエクセル形式、記載例はPDFでご提供しています。

ダウンロードはいつものサポート専用ページです。
サポート専用ページ←Click!!
どうぞお気軽にご利用ください。

ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

この番号にダイヤルしていただきますと、代表者のタカハラの携帯電話に転送されます。

朝6時から夜10時まででしたら年中無休でご相談に応じます。

行政書士の仕事に関すること、中小企業の経営に関すること。
どんなことでも「困ったときのタカハラ」、「困ったときのココカラザウルス」をぜひご活用ください。