行政書士オフィス ココカラザウルス、早い許認可、さいたま市、産業廃棄物、一般貨物自動車運送事業、一般貸切旅客自動車運送事業、会社設立無料、建設業、農地転用、倉庫業
ご相談フォーム

行政書士の独り言 3004号

2018年5月9日05時11分


昨年までは雑談のような記事もちょこちょこ書いていました。
しかしご存じのように、貸切バス行政を取り囲む状況は厳しさを増す一方で、今年に入ってから業務以外の記事を書く時間がありませんでした。
しかし、たまには個人として些末な話題をお伝えする時間があってもいいのではないか?と思い、今回から月に一度くらいのペースで雑談記事を書くことにしました。

先生・・・暇なんですか?

ホームページをご覧になった方からの新規のお問合せは、平均すると月に5件くらいあります。
当社がご提供している記事を読んでご連絡をいただいているわけですが、そんな皆さまによく言われるのが上のセリフです。

『先生・・・暇なんですか?』
『え? な・・・なんでです?』
『仕事は全部スタッフさんがやってるんでしょ?』
『・・・・』
『先生の仕事はインターネットを書くことでしょ?』

別にインターネットは書いてませんが、確かに記事は頻繁にUPしています。
最低でも月に8本はUPしますし、多いときは10数本書くときもあります。
しかし、それはヒマだからやっているわけではなく、理由があって可能にしているので、そこは誤解なきようにお願いします。

【ヒマではないが、頻繁に記事をUPできる理由】
1.早朝、一気に書く
私の数少ない特技のひとつが、記事書きスピードの速さです。
おおむね2,000文字くらいの記事で30分から40分で書くことができます。
プロのブロガーが1記事3,000文字1時間と言いますから、速さだけで言えばプロ並みです。
もっとも、私の場合はネタさがしの時間がなく、アタマに入った情報だけを書いていますから、ネタ探しから始まるブロガーさんとはスタートラインが違います。

私が記事を書くのは早朝5時から7時位の間です。
毎回見直しも含めて1時間弱の時間を利用しています。

2.情報しか書かない
当社がご提供する記事の内容は、情報の持つ事実だけです。
『私はこう思う』とか、『こうでなければならない』的な感想や意見は入りません。
私たちが現場で仕入れた情報をわかりやすくお伝えしているだけです。
感想や意見がなければ、情報を伝えることにそれほど多くの時間は必要ありません。

3.むずかしいことをやさしく伝える
当社の記事の多くは、法令で決まっていることをわかりやすく伝えることを目的にしています。
何もないところから問題や話題を掘り起こしてくるわけではなく、すでに決まっていることを実務に沿ってわかりやすく解説しているだけです。
正直なところ、クリエイティブな部分はほとんどありません。
ですから、頻繁なUPが可能になるのです。

以上、当社の代表が暇ではないが、記事を頻繁にUPできる理由を列挙いたしました。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

Facebookはやはりだめだった・・・

昨年9月の認定支援機関研修の際に、同級生から『連絡に便利ですよ』と勧められたのがFacebook。
登録を終えたとたんにどんどん流れてくる他人の情報。
自分がなにも発信しないのに、他人のハナシだけはどんどん飛び込んでくる。
近所の家のカーテンが常に全開になっているような気分です。
少しはこちらからも発信しないと申し訳ないような気もします。
しかし以下の理由により、そもそも発信すべきネタがありません。

1.仲間でバーベキューはしない
したことがありません。
1度も誘われたことがありませんし、誘われても行かないと思います。

2.仕事で新幹線や飛行機は使いません
関東全域は仕事範囲ですが、新幹線や飛行機が必要なお客さまはほとんどいません。
よって、『今日は岡山で~す。キビ団子うめぇ~!』みたいな発信はできません。

3.そうそう外で呑みません
アルコールは毎日おいしくいただきますが、外で呑むのは多くて週に1度。
なおかつ、飲む相手は近所の高齢者、ないしは古女房。
犬と一緒に公園で呑んでいることもあります。
写真なんか撮る気にもなりません。
インスタどころか、何にUPしてもハエません。

4.団体スポーツで『イエ~イ!』ができません
野球やら、サッカーなどといった、団体スポーツに縁がありません。
というか、基本的に協調性がないので個人競技しかできません。
ゴルフは月に2,3度ラウンドします。
しかし近所の飲み屋のコンペやら、仲のいいおっさん達とのラウンドなので、そもそも発信する気がありません。
週に1度、剣道のけいこに行きますが、汗ベトベトで写真なんか取る気にもなりません。

5.食べ物はすぐに手をつけてしまいます
根がイヤシイので、食事は目の前にきたらすぐに食べ始めてしまいます。
さらに、生まれつきかなりの貧乏舌。
何を食べてもおいしいので、いちいち写真に撮っていたのではキリがありません。

以上、大変シンプルな理由によりFacebookは休止(退会)いたしました。

事務所移転のタイミングがつかめない

当社のトイレは共同です。
女性スタッフが2名いますので、できればもう少し環境のいい事務所に引っ越しをしたいのですが、どうもタイミングがつかめません。

1.いい物件が見つからない。
2.なんだかずっと忙しいので、その気にならない。
3.会社(付加価値ファクトリー)が3期終了するまで待ちたい。

2については気持ちの問題でしょうし、おかげ様で今後もヒマになることはなさそうなので自分で解決するしかありません。
3については単なるキャッシュアウトが嫌なだけです。
できれば、3期黒字決算を武器に信金さんから引っ越し費用をプロパーで借り入れたいとの希望です。
1については・・・
良いところがあったら、ご紹介ください。

つまらない話ばかりで失礼しました。
また、来月愚痴らせていただきます。

(中小企業診断士/行政書士 高原伸彰)
ご相談にはフリーダイヤルをご活用ください。
0120-359-555

この番号にダイヤルしていただきますと、代表者のタカハラの携帯電話に転送されます。

朝6時から夜10時まででしたら年中無休でご相談に応じます。

行政書士の仕事に関すること、中小企業の経営に関すること。
どんなことでも「困ったときのタカハラ」、「困ったときのココカラザウルス」をぜひご活用ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。